スポンサー

ピンフスキー=白饅頭ではなくピンフスキー=青識亜論であるという話

スポンサー

ピンフスキーさんの裏垢

ピンフスキーさんはこれまで幾度となく白饅頭こと御田寺圭氏が自身の表垢であることを仄めかしていましたが(ピンフスキー垢と白饅頭垢に表なんかあるか、あんなもんどっちも裏)、どうやらそれはフェイク、真実はピンフスキー=青識亜論であったようなのでまとめます。

ピンフスキー=白饅頭だとすると不自然な点

ピンフスキーさんがしばしば無料ゲーム情報をシェアする一方で、白饅頭氏は「約束された神ゲー」などと嘘を吐き、騙されクソゲーを掴まされたフォロワーが阿鼻叫喚する様子をタワマンで高笑いしながら眺める趣味を持っています。どちらも露悪的なアカウントであるのですが、フォロワーをマネタイズしたり騙して無駄金を使わせるかどうかという決定的な違いがあるのです。

商社を匂わせオフ〇コしているI氏によると、白饅頭氏は生活水準を落とせずnoteで女叩きしかできなくなるという苦境に立たされているようです。この情報の裏付けは取れていませんが、アンチがファンより対象に詳しいなんてケースはよくあること、白饅頭氏の熱心なアンチである商社を匂わせオフ〇コしているIWNK氏の情報は信頼できます。そして仮に白饅頭氏がフォロワー1万を超えるピンフスキーさんの正体ならマネタイズをしないという選択肢はないでしょう。

ピンフスキー=青識亜論であるとすると自然な点

前述した点について言えば、副業禁止の公務員である青識亜論氏が裏垢でもマネタイズしないのは当然です。またピンフスキーさんがオフ会を頑なに拒否していることも、AbemaTVなどで顔出ししている青識氏の裏垢であるとすると説明が付くのです。更にピンフスキーさんと青識亜論氏は二人ともいい歳したオッサンであるのにもオリジナルの女性と男の娘キャラを自らのアイコンとしている点も共通点として挙げられます。

Googleの検索結果

 

なぜ「ピンフスキー Wiki」というキーワードで検索しようと思ったのかは謎ですが、ピンフスキー界隈の専門家フルフルさんの調査で天下のGoogleもピンフスキー=青識亜論説を支持していることが判明しました。

有馬温泉への旅行

 

2分違いで投稿されたよく分からないオブジェの写真が添付されたこのツイート、顔見知りでもない二人が偶々同じ時間に同じ場所で同じ写真を撮ったなどということは考えづらく、いい歳してネット論客なんてやってるオッサン二人が温泉地でしっぽりデートしているのを匂わせてるなどと考えたくもなく、やはりピンフスキー=青識亜論とするのが妥当でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました